トリプルカードポーカー

【報告】ルワンダー訪問ツアー

(2017.07.12)

ルワンダ支援地訪問ツアーに19名が参加

ワールド・ビジョン・ジャパンは、チャイルド・スポンサーを対象に地域の活動を視察し、チャイルドに会っていただける支援地訪問ツアーを、年に2~3回企画しています。

2017年6月25日から7月2日までの日程で、19人のチャイルド・スポンサーがルワンダを訪問しました。支援しているチャイルドとの交流のほか、教育支援、平和構築、生計向上支援などについて、活動の成果を視察しました。チャイルドを支える人々や活動を知ることで、チャイルド・スポンサーシップによる地域支援を一層ご理解いただく機会となりました。

キラムルジADP事務所の前でチャイルドと家族と一緒に記念撮影
チャイルドと家族と一緒に記念撮影

チャイルドとの対面

首都キガリから支援地域までは車で約3時間。2年前のルワンダ支援地訪問ツアーに参加したチャイルド・スポンサーによると、街頭が灯ったり道路がきれいになったりしているとのこと!急速に発展しているようです。

支援地に到着すると、チャイルドたちの歌とダンスの大歓迎を受けました!写真を見せたりおもちゃで遊んだり、チャイルドの家族との交流も楽しいひと時となりました。

チャイルドとダンスして出会いを喜ぶスポンサー
読書クラブの子どもたちの歓迎を受けるチャイルド・スポンサー
みんなで外に出てなわとびをして遊びました
みんなで外に出てなわとびをして遊びました
チャイルドと一緒の特別なランチ。肉や野菜とバナナを食べました
チャイルドと一緒の特別なランチ。肉や野菜とバナナを食べました

教育・収入向上のための活動を視察

<読書クラブ>

ルワンダではひとクラスあたりの人数が多く、勉強に遅れがちな子どもに目が届きにくいという現状があります。
読書クラブは、地域のボランティア、場所を提供してくださる方の協力で運営されています。子どもたちが放課後に集まり、歌や踊りを取り入れて読み書きの力の向上を目指しています。

地域の読書クラブでは、歌いながら言葉を覚えているそう。動画で紹介します。

魚の養殖をする漁業組合

内陸国のルワンダで貴重なタンパク源となる魚の養殖を行っているグループを訪問。子どもたちの栄養状態や収入を向上させて生活環境を改善しようという取り組みを知ることができました。

この活動に参加する住民からは、養殖池をあと5個増やしていきたい!という意欲的な言葉も聞くことができました。

また組合として土地を借り、トウモロコシや豆、野菜なども共同で育てています。
魚の養殖池を訪れ、支援によって収入が増えたことを聞きました

<もうひとつの生計向上プロジェクト>

養殖用のため池の上には写真のような小屋が建っており、中ではウサギが飼われていました。池に落ちるウサギの糞が、養殖されている魚の餌となります。

魚だけでなく、増えたウサギを販売することで地域の人々の収入の向上に役立っています。

養蜂貯蓄グループ

皆で少額ずつ積み立てたお金を投資につなげようという発想で、ハチの巣箱やハチの巣からハチミツを取り出す器具を購入。

これまではハチの巣を売っていましたが、ハチミツをボトリングして付加価値をつけて販売するようになりました。

今後はハチミツのボトルに貼るオリジナルのラベルを作ったりお店を開いたりして、さらなる収入向上を目指したいということです。

蜂蜜と蜂の巣を分離する機械や蜂蜜を採取する道具を見せていただきました

養蜂で使う道具を見せていただきました

ルワンダに特徴的な「和解」の取組み

<平和の木プロジェクト>

ルワンダは、1994年、わずか100日間で80万人以上が殺されるという歴史上稀に見る悲惨な過去を、国民が一致団結して乗り越えたことから「奇跡の国」と言われています。ワールド・ビジョンは、ジェノサイド(大量虐殺)の加害者と被害者が、お互いの家に植えた木を育てるために行き来することなどにより、和解を促進する「平和の木プロジェクト」を行っています。この平和構築の取組に参加している方々のお話をうかがいました。

憎しみを次世代へ引き継がないように許し合い、今はふたたび親しい隣人となったと静かに語る2人の姿に、深く考えさせられ、感動したとの声が多く聞かれました。

ルワンダの人々は、真の和解に向けて努力し続けています。どの家庭の庭にも平和の木が育ちオレンジが実る頃、ルワンダの人々の心にも真の平和が実るのでしょう。


「平和の木」とともに育つもの ~ローズさんのストーリー~はこちら

1組の加害者と被害者の家族から話を聞き、実際に育てている木を見ることができました

加害者と被害者の家族から話を聞いたあと、オレンジの木を育てている様子を見せていただきました

コミュニティワークに汗を流しました

地域の方々とともに、貧しく脆弱な家庭の家の建設作業に参加しました。

4人の子どもを抱え、牛とともに不衛生な家で生活をしてきたシングルマザーは、自分は忘れられた存在ではなかったと喜び、感謝の祈りをささげてくれました。

近所の人たちは作業中に歌と踊りで励ましてくださいました。

壁作りのためにまず土を丸めて、壁を塗った時の動画をぜひご覧ください!

参加者の声

  • 同じ志を持った方同士でしたので、非常に楽しい旅となりました。実際に支援したお金を有効に遣っていただいている様子を目にして、より一層、これからもスポンサーを続けていこうという気持ちが強くなりました(岩田都さん)
  • 木かげに集まって誇りを持って学んでいる子どもたち、それを導いているボランティアの大人たち、とても感動しました。彼らの貢献と情熱はすごいです。彼らの前向きな努力、尊厳をもった生き方に、こちらがかえって元気をもらった気分です(浦辺隆子さん)
  • ルワンダを知ることができ、チャイルドと家族に会うことができ、地域の方々、支援者の方々やスタッフの方々と様々な話をして、ワールド・ビジョンを通じて支援することの一部でいられることを、とても幸せに思いました(匿名)
  • ジェノサイドメモリアルセンターで悲しい過去を知りました。平和の木プロジェクト訪問で、その過去を次世代が繰り返さず許し合えていることに感動しました。(自分だったらとても出来ないと思います)(匿名)

関連リンク